あけましておめでとうございます。
今年は「平成」最後の年になります。
昨年、世界は米国の一国至上主義、EUの中枢である英独仏の政治体制の揺らぎと弱体化、中国の軍事大国化と米中対立の激化など多くの試練に直面しました。国内では、度重なる災害に見舞われるとともに、人口減少による人手不足が一段と深刻化した一年でした。
一方で、AIやロボティクス、ICTの進化が社会の形を変え、シェアエコノミーが拡大するなど、新しいイノベーションの波が起こってきています。
今年は新天皇の即位と改元、G20の開催と大きな行事が目白押しです。
「ポスト平成」とは、どんな時代になるのか、しっかりと注視してまいります。

2019年1月

 参院選挙は、どの党もはっきり勝者とは言えない微妙な結果に終わりました。与党は安定多数ですが、自民は東北の一人区などで敗北しました。これは、今後「驕らず謙虚な政権運営を心掛けよ」という国民の声でしょう。
 国際情勢は、イラン情勢、米中対立など緊迫した場面が目立ちます。これからも内外の情勢を注視してまいります。

2019年 7月