連休も終わり国会も後半となりました。新たに争点として浮上したのが憲法9条の改正。
総理は、自衛隊の存在の明記と2020年の施行を目指す考えを表明しました。こうした問題こそ国会での徹底した議論が求められます。
 北朝鮮情勢が緊迫化する一方、仏の大統領選ではマクロン氏が勝利し、極右勢力の伸長に一定の歯止めがかかりました。しかし、今後も欧州では重要な選挙が目白押しで目が離せません。今後とも内外の情勢を注意深く見守ってまいります。

2017年5月