今夏は、猛暑に続いて大雨や地震と、度重なる自然の猛威にさらされた日本列島でした。10月に入り改造内閣も発足して、新しい政治の季節がスタートしました。米中露との間で外交をどのように展開していくのか、内政の大きな課題である人口減少や巨額の債務にどのように対処していくのか。安倍内閣のこれからの3年間と経済社会の動向をしっかりと注視したいと思います。

2018年10月

 あけましておめでとうございます。
今年は「平成」最後の年になります。
昨年、世界は米国の一国至上主義、EUの中枢である英独仏の政治体制の揺らぎと弱体化、中国の軍事大国化と米中対立の激化など多くの試練に直面しました。国内では、度重なる災害に見舞われるとともに、人口減少による人手不足が一段と深刻化した一年でした。
一方で、AIやロボティクス、ICTの進化が社会の形を変え、シェアエコノミーが拡大するなど、新しいイノベーションの波が起こってきています。
今年は新天皇の即位と改元、G20の開催と大きな行事が目白押しです。
「ポスト平成」とは、どんな時代になるのか、しっかりと注視してまいります。

2019年1月